謎の人物吉田清治と朝日新聞の不可解な関係

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

最近になって「背乗り犯罪」の恐ろしい実態が明るみに出てきた。外国人がもうこの世にいない日本人(殺害されるケースもある)の戸籍ごと乗っ取るという恐ろしい犯罪だ。

死者のとか名前に込められた言霊とかそういうものに全く価値観を見出さない民族の犯罪であることがよく分かる。自分が殺されてその殺人者が自分の名前で生活しているところを想像するだけで身の毛がよだつ。

この背乗り犯罪は3.11の津波の後にも多く発生したらしい。あのような大惨事のさなかでは行方不明者の数も凄まじいし、役所も対応ができないからだろう。どれだけの数の中韓人が日本人の犠牲者の名前を名乗り、その日本人として振る舞い、日本で生活しているところを想像すると背筋が凍る。

背乗りと言えば、朝日新聞に済州島での慰安婦狩りの捏造記事を書き続けた吉田清治も背乗りの疑いがあるという。

彼は23歳の時に19歳の朝鮮人を養子にしているが、その子供は謎の死を遂げているその朝鮮人の母親の影はない。

その後、実子と暮らしたがその男にも母親の情報がない

吉田清治は実力者でも権力者でも大富豪でも何でもない普通の男だったに関わらず、何故か北京に何度も招待され、接待されている。

吉田清治の死後、実子が嘘が世界にどんどんと喧伝されていく様子に耐え切れなくなり、証言を決意した。「(吉田清治は)行ったこともない済州島の慰安婦狩りの捏造話を、地図を広げながら自宅で書いていた」という証言をジャーナリストの大高未貴氏が取ったのが2017年だ。

このような全くの捏造話を朝日新聞十数回に渡り連載し続け、それを左翼活動家が韓国に行ったり、国連に持って行ったりしたことで今の様に世界に広まる事態となった

吉田清治の裏には明らかにチャイナの大きな権力がついており、彼は反日活動に利用される為に使われたに過ぎなかったことは見えてくる。

吉田清治は死んだ後、彼が書き続けた記事は捏造であった事を朝日新聞も一応、認めるような記事を2014年8月5日に載せたが、その訂正記事も酷いものだ。↓

まず記事が小さい!「読者のみなさまへ」と書きながら、誰もが見落としそうな小さな欄には謝罪の言葉などが一切、見当たらない。しかも朝日新聞は自社の英字新聞版では全くこの件について触れていない。海外メディアの英字新聞が朝日新聞の記事訂正について話題にしたこともない。

つまり日本の一部の人には形ばかりの訂正をして、事を収めようとしたが、世界では収まるどころが益々、広がり続けているのが実態なのだ。

最近ではネット版の記事にメタタグが埋め込まれており、日本語版の記事の英訳のものをネット検索できないような小細工をしていたことまで判明した。

日本で一番大手の新聞社が自社に都合の悪い記事を削除したり、検索をかけても出てこないように細工をするとは犯罪であり、朝日新聞は真実を知ろうとする国民の敵であることがまた白日の下に晒された。

 



Related posts