NHK:反日プロパガンダ放送局

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

アメリカのニュース会社のCNNCHINA/CLINTONネットワークと別名で揶揄されている。つまりメディアが事実、真実を国民に伝えているのでは無く、金を融資しているスポンサー(チャイナやクリントン財閥)の意向に沿う様に番組が作られているということだ

ん、待てよ?金を出している人。。

NHKは日本国民から金をふんだくってるが、全く意向は無視しているようだ。国民から金を徴収しながら反日放送し、中韓のプロパガンダに利用されている。

元々、NHKは戦後GHQ の占領計画の一貫で国民をアメリカの意向に沿って洗脳するために作られたメディアの一つであり、我々日本国民の側に立って番組を作っているどころか平気で捏造番組を流してきた歴史がある

今は「中共の放送局のようだ」と揶揄されるのには理由がある。最近の親中よりの番組編成には目を疑うものが多いが、これは実際に番組を作る下請け会社の中にたくさんの工作員が入っているからだと言われている。

プロデューサーが反日思想の人ならば、下っ端の人はその人の意向に従って番組を作るほかない。もともと自虐史観染めらえている日本人は特に騙されているとも気付かずに真面目に仕事をしている人が多いのかもしれない。

未だに放送料を払っている人は自分がとても無駄なお金を払っていることに早く気付いて欲しい。

NHKは都合の悪いことは全部スルーする。社が主張したいことのみを垂れ流し、その報道に誤りがあると指摘されても、なお訂正しないのであれば、只の中韓の広告塔に成り下がっており、独裁国家の国営放送局と全く資質が変わらない。民営化されねばならない最たるものだ。

民営化と言えば、小泉政権時代から始まった民営化は序章に過ぎなかった。

農業、水道などこれからも国民の財産の民営化が進み続けると、日本はグローバリストに乗っ取られることになる。

どうせ民営化するならNHKもしてくれたら良かったのに思うが、ここはプロパガンダの司令塔なので崩すわけにはいかないようだ

それならば国民で「受信料はもう払いません」運動を全国に広めたら良い。

集金の方に面と向かって言う勇気がない方は、「NHKから国民を守る党」(まさかと思うかもしれないが本当にこんな名前の政党)を立ち上げた人の立花孝志さんが作っているNHK撃退シールを分けてもらって自分の家の郵便受けに貼るという方法もある。

私はやったことがないが、貼った人から「効果があった」という声を聞いたことがあるので試してみてもいいかもしれない。

フォロワーさんの中には、NHKの集金の人に堂々と「家にテレビはありません」(最近は家にテレビを置いていない人も多いようだ)と帰ってもらっているという人もたくさんにいるようだ。

とにかくどんな方法であれ、あの反日放送局は日本国民の手でどうにかしないいけないだろう。