謎の人物吉田清治と朝日新聞の不可解な関係

最近になって「背乗り犯罪」の恐ろしい実態が明るみに出てきた。外国人がもうこの世にいない日本人(殺害されるケースもある)の戸籍ごと乗っ取るという恐ろしい犯罪だ。 死者の魂とか名前に込められた言霊とかそういうものに全く価値観を見出さない民族の犯罪であることがよく分かる。自分が殺されてその殺人者が自分の名前で生活しているところを想像するだけで身の毛がよだつ。

Read More

アメリカ最高裁判所:慰安婦問題に関する最新の日本政府意見書

慰安婦問題は、日本国内では捏造が拡散され日本人を騙すのが困難になってきたので、次は舞台を世界に移し、NGOとして国連で証言したり、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ドイツと世界各地で慰安婦像を建て続けている。 最近ではこの一連の反日活動にチャイナマネーが投入されていたことも明らかになった。韓国だけがやっていることではないのだ。チャイナの力強い後押しをもらって彼らを活動している。 我々民間人ははあれらの国の情報戦にどう対応していくべきなのか。 政府は何もしてくれない。 その間も慰安婦像や慰安婦の碑はここアメリカに建ち続けていく。 アメリカ在住の民間人はしびれをきらし、、、

Read More

慰安婦って一体なに?世界ではキャンプフォロワーと呼ばれる人達

戦争中はキャンプフォロワーと言われる売春婦がこちらから呼ばなくとも商売の為にぞろぞろついてくる。勿論、軍隊はその者達の健康管理や健康状態などお構いなしだ。適当な者がいなければ地元の女を強姦する。女は戦利品というのが他国における常識だった。 しかし、帝国日本軍は世界一規律の厳しい軍。そんな非道を許すはずがない。

Read More

中国系SF市長の突然の訃報:慰安婦問題で暗躍するのは誰か

サンフランシスコに建てられた慰安婦像をめぐり吉村大阪市長と対立し、大阪ーサンフランシスコ間の姉妹都市解消に至ったことで一躍、日本でも名が知れるようになったサンフランシスコ市長エドウインM リー氏(中国名 [李孟賢])が2017年12月11日に突然、心不全の為に病院で死去された。

Read More

「恥を知れ!」:アメリカに建て続けられる”少女”の像

いつまでも続き、どこまでも悪化してゆく“捏造慰安婦問題”。 サンフランシスコ市の新たな慰安婦像設置に関する今回の経緯を見てみると、予想していた通り、いつのまにか完全に戦中の女性の人権問題にすり替えられてしまっていた。

Read More

チャイナ自治都市のようなサンフランシスコ

サンフランシスコと聞けばアメリカの白人が闊歩する町を想像する日本人も多いだろうが、既に18万人のチャイナ人がいる。 これは実に市民の約4分の1を占める。 アジア系市長として初めて選出された市長はチャイナ系アメリカ人だった。市議会メンバー11名の中には、常にチャイナ系に3-4名が占められ、コリア系が1-2名。。約半分が中韓系というとんでもないことになっている。

Read More

近くに慰安婦像建立計画?!:総領事館に電話してみた

私が住む都市の近くに朝鮮系市民団体によって慰安婦像建立が計画されているというニュースを小耳に挟み、早速、こちらの総領事館に電話してみた時の話だ。 「像の建設運動があることはご存知ですか」と聞いてみたら、、、

Read More