中国人の土地の買い占め:外国人相手の大金儲け

自民党参議院議員の山田宏先生はチャイナの北海道の土地買い占め問題をずっと問題視されてきた方の一人だ。彼によるとチャイナ北海道省自治区の完成間近のような危機感を覚えるという。 日本政府は一体、国土を何だと思っているのか。都市のビル一つでも反日勢力が買うとなれば規制すべきことなのに、山、森、湿原や水源地などの広大な土地を購入されまくっている。更には、、、

Read More

歴史の授業のおかしさ:日本人を育てる義務教育を

ペリーが突然来た。日本中が大騒ぎになった。徳川幕府は圧力に屈して開国した。明治維新があった。近代化した。国際戦争を幾つかした。勝った。そして負けた。アメリカの属国になった。 学校の日本近代史ってざっとこんな感じだろうか? これではまるであの当時、日本を取り巻く世界で何が起こっていたのか何も分からないのも仕方がない。 なぜ日本があんな大規模な大東亜戦争に引きずり込まれて行ったのかを教えずに、日本はもう二度と戦争をすべきでないと反省することを教えて何の意味あるのだろうか。

Read More

共産革命の操り人形:残念なDUPESな人達

共産党はアメリカでは非合法だ。そのような政党は作れない。 しかし共産党活動家がいないわけではない。 共産党員はソ連崩壊後、各地に散らばり地下で工作活動をして国家転覆を狙ってきた。 日本では信じられないことに「日本共産党」という旧ソ連の下部組織(今はチャイナ共産党)が堂々と存在している。 このことに驚かないことが多い日本人が多いのにも驚く。アメリカ人に言えばかなり失笑される。

Read More

護身術としての朝鮮史:おすすめの本や動画 #2

韓国って何かおかしな国だなあと思ったから、朝鮮半島の歴史を学んだ。勉強すれば色んな事が合点が行くようになり哀れな気持ちになった。哀れに思うけど、日本人はあの国に情けをかける必要はもう何もない。 このツイートは国際観艦式で自衛隊を招待しておいて「でも旭日旗は上げたらあかんぞ」(筆者の意訳)という韓国のあまりにも不敬な要求に目を疑って、怒り交じりの脱力感でつぶやいたものだったが、物凄い反響だった。たくさんの返信も頂いた。

Read More

護身術としての朝鮮史:おすすめの文献など #1

韓国って何かおかしな国だなあと思ったから、朝鮮半島の歴史を学んだ。勉強すればするほど色んな事が合点が行くようになり哀れな気持ちになった。 哀れに思うけど、日本人はあの国に情けをかける必要はもう何もない。 2018年10月に「国際観艦式」で海上自衛隊が旭日旗を掲揚する意向を示していることに、韓国外務省が配慮を求めた件で本当にどうしようもない国なんだと再認識した。 このようなツイートをしたら、、、

Read More

謎の人物吉田清治と朝日新聞の不可解な関係

最近になって「背乗り犯罪」の恐ろしい実態が明るみに出てきた。外国人がもうこの世にいない日本人(殺害されるケースもある)の戸籍ごと乗っ取るという恐ろしい犯罪だ。 死者の魂とか名前に込められた言霊とかそういうものに全く価値観を見出さない民族の犯罪であることがよく分かる。自分が殺されてその殺人者が自分の名前で生活しているところを想像するだけで身の毛がよだつ。

Read More

現代中国語はほとんど日本語ってホント??

現代中国語の7割強が和製日本語という驚きの事実を東洋史家の宮脇淳子先生が紹介している。 我々は学校でも社会でも「チャイナに漢字を教えてもらった」とどちらかと言えばチャイナに恩があるという社会風潮の下に育てられている感があるので驚く人も多いだろう。 何故、こんなことになったのか、、、

Read More

福沢諭吉「脱亜論」を再考する時が来ている

私は日本が歴史上一点の曇もなく歩んできた完璧な国など思っていない。戦後はそれから程遠い所にある。しかし世界の歴史を広く見渡した時、日本だけがこれ程、特亜から悪く言われるのはおかしいだろうという事が見えてくる。 中韓は口を開けば70年以上前の大東亜戦争のことを持ち出してくるが、、

Read More

反捕鯨団体にくさびを:BEHIND THE COVE “ビハインド ザ コーブ”

平昌オリンピックでの日本人選手の金メダル獲得の嬉しいニュースで埋もれてしまっていたが、日本にとってもう一つ嬉しいニュースが海外から舞い込んできた。 八木景子さんという日本人女性監督がデビュー作「ビハインド・ ザ コーブ 捕鯨問題の謎に迫る」というドキュメンタリー映画を2015年に製作したが、その映画が2月17日に反捕鯨国のイギリスで開催されたロンドン・フィルムメーカー国際映画祭で長編ドキュメンタリー最優秀監督賞を受賞したという。

Read More