世界の文化遺産としての皇室:破壊したいのは誰だ?

神聖で世界最長の万世一系の伝統を壊そうと必死に画策しているのが反日勢力だ。 日本の国際的地位を貶める為に、世界的文化遺産価値がある日本の万世一系の皇統をどうしても廃絶したいのが狙いだ。 女性宮家、女性天皇、女系天皇とこれだけ女を連呼した上、国連にわざわざ出向き「皇室は男尊女卑」であるから勧告してくれとお願いに行っている。

Read More

前川喜平の意味不明スピーチ:日本至上主義ってどこのイデオロギー?

落語家の立川談四楼さんのツイートより https://twitter.com/Dgoutokuji/status/1052091703602044929 前川喜平さんが朝鮮学校で講演し、朝鮮高校の無償化排除等の動きを「国が率先して行っている官製ヘイト」だと言い「複数のアイデンティティを持つ人が増えれば、ヘイトや日本至上主義の考えが減るだろう」と述べた。さすがは外国人の多い自主夜間中学でボランティアをしている人の先を見据えた意見だ。 これを読んだ時に「は?」と思ったので私もリプ欄に書き込んだが。。。

Read More

移民政策の成れの果ては天国か地獄か

私の町でも昨今チャイナ人を見かけることが急に多くなり何故だろう?と思い調べてみると市長が北京に何度も招かれていたことが分かった。なぜ招かれたのか? 更に調べると、この辺りの未開発の更地に大規模なホテルの様な施設を建てる計画があるのだが、それがどうやらチャイナ指導されるようだ。その契約を結ばせるために接待外交だったようだ。

Read More

テレビの過度な日本上げの裏に隠された意図とは?

最近多い『日本がとても素晴らしい』コンセプトのテレビ番組は、日本人の我々が見ると気持ちが良いものだ。 しかし、テレビは反日活動を行うお隣とそのお隣の様子を隠す隠れ蓑にしたい意図があるように見えてならない。 「とりあえず日本人を喜ばせておけ」的なメディアの意図が背後にありそうで、手放しに喜んでおられない。

Read More

トランプ政権の対中政策:何もしない日本はどこへ行く?

アメリカのトランプ政権が対中政策をガンガンと推し進めている。 ペンス副大統領がチャイナ政策に関する演説で、中国脅威論を展開した。 チャイナに対抗していくとはっきりと訴え、11月のアジア歴訪で「自由で開かれたインド太平洋」を支援する考えも示した。 ペンス氏は、、

Read More

草の根活動:グローバリズムとの闘い

正論を極右とレッテル貼りで攻撃する人達は「本当に日本人か?」と疑問に思う事も多い。 普通の日本人の感覚はとにかく日本が「安全で清潔な国であって欲しい」だと思う。それを脅かすものを指摘するのは右も左も関係ないはず。しかし、、

Read More

日本の帰化制度を厳重に:内部侵略に利用される法律の穴

チャイナ人から日本人に帰化された石平さんご自身で仰っているが、日本の帰化は異常な程、簡単でしかもあっけないものらしい。 彼は自分のチャイナ人のとしてのアイデンティを捨てて、違う国の人間になるのだから、もう少し感情的になるただろうと期待したようだ。しかし、、

Read More

民主主義(デモクラシー)の虚構:騙され続ける私たち

右も左も「民主主義」という言葉をさも素晴らしい物として乱用し過ぎなのが目立つので、民主主義とは何なのかいうのを今一度きちんと定義しておいた方がよさそうだ。 デモクラシー(民主主義)の語源はラテン語でdemokratia(デモクラティア)。demosは「人民」でkratiaは「権力」という意味がある。 ここで大事なのは、、、

Read More

保守の言論封殺が始まった:戦後レジームからの脱却とは何だ?

平和、平和と国内で叫ぶ「九条のお札の会」の方々に物申したい。 真の世界平和は八紘一宇の精神を国造りの大昔から伝統的に持つ日本国が筆頭で国際連盟のような国際的な連盟を作ることができた時に訪れるだろう。 しかし、残念ながら日本が今のこんなグダグダな状態ではその時は永遠に訪れない。

Read More

謎の人物吉田清治と朝日新聞の不可解な関係

最近になって「背乗り犯罪」の恐ろしい実態が明るみに出てきた。外国人がもうこの世にいない日本人(殺害されるケースもある)の戸籍ごと乗っ取るという恐ろしい犯罪だ。 死者の魂とか名前に込められた言霊とかそういうものに全く価値観を見出さない民族の犯罪であることがよく分かる。自分が殺されてその殺人者が自分の名前で生活しているところを想像するだけで身の毛がよだつ。

Read More