911テロと神風アタック:特攻隊の意志を受け継ぐ

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

アメリカで911同時多発テロが起きた日、ビルに突っ込んだ飛行機の事を、アメリカの新聞が一面に Kamikaze Attack」と報じていて物凄い不愉快だったのを今でも忘れられない。

また、中東で起こる自爆テロを 『カミカゼ』と 表現する新聞、メディアもあり、そのせいで一般人の人も同じ様な認識をしているように感じられる。しかし、、、

神風特攻隊が一般人を標的としたり 、盾にすることは断じてない。 

自分より遥かに高火力を持った 巨大な敵相手堂々と正面から 立ち向かう精神と 我が身を盾として 祖国にいる残してきた愛する家族、同朋を護ろうとする強い滅私の精神が世界を震撼させ、今でも世界では讃えられる所以だ。(日本は悲しくもそこから外れている)

黒煙で青空が曇る程の圧倒的な艦砲射撃、対空砲火の弾幕をかいくぐり、艦めがけて高速で突っ込んでくるゼロに海上で逃げ場のない米海軍兵達がどれだけ恐れおののいたか

今は当たり前の事実のように語られる特攻作戦だが、当時のアメリカからしたら余りに衝撃的で信じられない行為だった。(アメリカの反応ついて詳しくは以下リンクを参照→「欧米と日本の死生観の違い:武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」https://yamatogokorous.com/bushido/) 

特攻機が艦隊突撃する際のアメリカ軍が撮影していた映像が残っておりネットで誰でも見ることができる。

それを見ていると、「その機を操縦している人はどんな方おいくつで、今どんな顔で操縦桿を握っており、最後の瞬間何を思うだろうか」と想像してしまい自然と涙が流れる。

可哀そうなどという気持ちではなく「有難うございます」と計り知れない感謝の気持ちになる。

こういう事をいうと軍国主義だとか、右翼だとか、そういうレッテルを左翼は貼ってくる。そのように過去を回帰する事自体が悪いことであるイメージを植え付けられて来た。

そのまま70年以上も時が経ってしまい、考えることさえしなくなった人達が大量生産されて日本列島に生息するに至っている。

今ではアメリカと日本が戦争をしたことさえも知らない人がいるという。

過去のご先祖の戦い方を学ぶことは民族の歴史を学ぶことであり、「戦争が良い、悪い」というイデオロギーで語られることは全く別の次元で語り繋いでいく必要がある。

残された我々がご先祖が戦った意義とその闘い方を知らずして、今後、必ず訪れる日本の危機にどう立ち向かっていくというのか。指標も誇りも目標も何もない人達はただ右往左往して逃げ惑うだけになるだろう。

特攻で散っていったパイロットの写真を拝見すると未だあどけさが残る顔立ちの方々ばかり。長い人生を全うできたならば、各界で活躍されたであろう優秀な方が大勢いらした。

この方達が何のために命を捧げる決意をして下さったのか。

もちろん、それぞれの家族を守りたい一心ではあっただろうが、

「自分達が死んだ後に残された人達が後世において笑われないように、先祖は立派に戦った」

という証と誉を残して、後の世を子孫託したいという思いで行かれた方が多い。

その方一人一人の御霊に今の日本を見せて胸を張って

これが貴方たちが命を賭して守ろうとした日本の姿です

と言えるだろうかと胸に手を当てて考えてみて欲しい。

私は申し訳なくて涙が出る。だから諦めない。ご先祖が守ろうと命を懸けた下さった日本を守る為に立ち上がる。日本を侵略者の手には渡さない。

hqdefault1

25e8258c258225e6259c25a825e425b8258925e92583258e25e525b0259125e525b02589177856d3162337ebbe8b7312770799d2



素材を活かし、日本の職人が作る革小物

Related posts