徴用工:新たな歴史戦に引きずり込まれないために

戦時徴用についてツイートでつぶやいたら、この事についてもっと詳しく知って、理論武装したいという意見をいくつか頂いたのでもう少し詳しく書いてみることにした。 まずこの問題を何故、日本人が知らないといけないのかという事から始めたい。

Read More

民主主義(デモクラシー)の虚構:騙され続ける私たち

右も左も「民主主義」という言葉をさも素晴らしい物として乱用し過ぎなのが目立つので、民主主義とは何なのかいうのを今一度きちんと定義しておいた方がよさそうだ。 デモクラシー(民主主義)の語源はラテン語でdemokratia(デモクラティア)。demosは「人民」でkratiaは「権力」という意味がある。 ここで大事なのは、、、

Read More

保守の言論封殺が始まった:戦後レジームからの脱却とは何だ?

平和、平和と国内で叫ぶ「九条のお札の会」の方々に物申したい。 真の世界平和は八紘一宇の精神を国造りの大昔から伝統的に持つ日本国が筆頭で国際連盟のような国際的な連盟を作ることができた時に訪れるだろう。 しかし、残念ながら日本が今のこんなグダグダな状態ではその時は永遠に訪れない。

Read More

911テロと神風アタック:特攻隊の意志を受け継ぐ

アメリカで911同時多発テロが起きた日、ビルに突っ込んだ飛行機の事を、アメリカの新聞が一面に 「Kamikaze Attack」と報じていて物凄い不愉快だったのを今でも忘れられない。 また、中東で起こる自爆テロを 『カミカゼ』と 表現する新聞、メディアもあり、そのせいで一般人の人も同じ様な認識をしているように感じられる。しかし、、、

Read More

欧米と日本の死生観の違い:武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり

キリスト教の国、アメリカでは自殺はまず悪いことで(地獄に落ちる行為)という教えがある。どんな事があっても自殺してはならない、最後まで諦めず生き続けるのが神の子としての使命だ。 対して日本には、、

Read More

アメリカの雑誌で初めて見た侍:ラストサムライ小野田寛郎

終戦後もフィリピンのジャングルで約30年も諜報活動を続けた一人の少尉がいた。 ラストサムライ小野田寛郎。 彼は陸軍中野学校出身で、フィリピンのルバング島では諜報員として配備された。 当時22歳。終戦後も日本に帰還しなかった彼は、もうすでに戦死しただろうと諦められ、、、

Read More

歴史を直視して誇りを持つ

中韓のみならず、世界の大国は捏造や脚色で塗り固めた歴史観を小さい時から刷り込む事で、国民を統合し誇りある国民を大量生産するのに必死だ。 「どれだけ素晴らしい国で、その国民であることを誇りに思うべきか」という教育が当たり前のようにほぼ強制的な形で行われている。

Read More

真に世界平和を望むなら。。

学校の歴史の授業では、長い長い縄文時代から始めゆっくり学習する。学期末になり時間が無くなると、明治維新から第二次世界大戦までを駆け足でカバーして卒業するという学校が多い。 日本は世界に比べ網羅する歴史が長いので、多少の省略は免れないが、、

Read More

マッカーサー証言を教えられない日本人

故渡部昇一先生と言えば「マッカーサー証言」を思い浮かべる人も多いだろう。アメリカでは今や全く影の薄い存在のGHQ総司令官ダグラス・マッカーサーだが、日本にとっては最重要人物の一人だ。 アメリカ統治下の最高司令官だった彼がアメリカの軍事合同委員会で、、

Read More