右傾化じゃない。正常化だ。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

中韓のみならず世界の大国は捏造や脚色で塗り固めた歴史観で国民を統合し誇りある国民を大量生産するのに必死だが、日本は真実、事実を追っていくだけでこの国の凄さが分かる有り難い国。

それなのに日本人が自分の国に誇りを持てないように教育してきたのが戦後の日本だ。

戦後日本人はありがたい歴史を必死に紡いで来られたご先祖様の多大な苦労に乗っかって感謝もせず本当に罰当たり国民のように見える 。

戦後70余年を経て、やっと少しづつ日本人の誇りを取り戻してきた人が増えてきたところで、マスコミはこの流れを止めようとまた邪魔をしてくる。

日本が右傾化しているとメディアはあかたも危険な兆候のように警鐘を鳴らすふりをしているが、日本は右傾化どころか完全に軸が左寄りに傾いていてグラグラしている。

ネット空間には情報が無限にあり、自分と共有する価値観を取捨選択できるので、あたかも自分が多数派にいるような錯覚に陥る

しかし日本がそう遠くない未来に消える可能性を危惧する人はまだまだとても少数派だ。マスコミは国民が不安にならないように北朝鮮のミサイルが領海に落ちても慌てず騒がずだ。

メディアが右傾化と揶揄するように、国家としてまっすぐな正常な状態に少しでも戻したいと願う人達が増えてきたことは嬉しいことだが(反日勢力やメディアにとっては困ったことだが)これを読んでくれている方は日本が直面する国家存亡の危機を知るまだまだ少数派だというのが悲しい現実だ

国民の大部分は毎日の仕事で忙しくてそんな危機に気付かないまま働き続けているか、暇がある人は自分の生活の隙間を娯楽活動で埋めている。

日本がこのままでは消滅するのでは?」と危機感を覚えながら何か自分ができることはないだろうかと模索したり活動している自分は日本の中でまだまだ少数派なのだという自覚は持たなければならない。井の蛙にならないためにも。

この局面を覆すには革命を起こす以外には多数派になるしか手がない

多数派になるには

 

1.自分の周囲の人に何気なくをすることからでも

SNSやブログなどの媒体を通して情報を共有したり、

.見知らぬ人でもSNSを通してとにかく真実をたくさん広めていく努力をする

ことしか庶民には今の所、手はない。

そしてたくさんの人に政治に興味をもってもらい、国士を選挙で一人一人当選させていく、逆に売国奴を一人でも落選させていくことが我々が出来ることだ。

政治は自分の生活と直結している。他人事でないのだ。

国が無くなる時に真っ先に被害を被るのは我々庶民なのだから

Related posts