歴史を直視して誇りを持つ

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

中韓のみならず世界の大国は捏造や脚色で塗り固めた歴史観を小さい時から刷り込む事で、国民を統合し誇りある国民を大量生産するのに必死

どれだけ素晴らしい国で、その国民であることを誇りに思うべきか」という教育が当たり前のようにほぼ強制的な形で行われている。

しかし、日本は真実、事実を追っていくだけでこの国の凄さが分かる有り難い国

そういう誇らしい歴史があるのは全てご先祖のお蔭なのに、今の日本人はそういう歴史を必死に紡いで来られたご先祖の多大な苦労にあぐらをかき、享受だけして、感謝もせず本当に罰当たり国民に見える。

事実をただ追っていくだけで国民が誇りを持てるという歴史があるというのに、中韓米主導の「嘘や脚色の黒歴史」ばかりを教えて「日本は悪かった」と自虐史観を持つ子供たちを量産しているのが日本だ。

これが国家としておかしいと思わない人にはどうやって言葉をかけたらいいのだろうか。

渡部昇一先生は

1.米国への宣戦布告状を不手際で一時間遅く提出した領事館員三人はすぐに腹を切るべきだった。

2.朝日の社長も国連の前で腹を切るべきだ。

と仰っていた。

また、故小室直樹先生は国会議員全員に切腹の作法を義務付けるべきだと仰った。

どちらのお二人のご意見にも深く同意する。

戦後の日本は日本人が日本の誇りに泥をかけて喜んでいる

何千年の先人達の苦労を水に流すかのように日本人自身が日本を売り飛ばしていっている。国を貶めている。何という光景か。

先の戦争において、日本で太平洋で東南アジアで亡くなった英霊はこんな国になる為に進んで命をかけて下さったのではない。

戦争に負けても誇りまで失うことはない。



Related posts