世界から軽蔑される日本人?!

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

皆さんは「君が代」を歌えますか?

私は学校でも当たり前のように習い、歌っていたので、大人になってから歌詞を知らない人や学校で歌ったことがない人がいるということを知ってかなり驚いた。

世界を長期で旅行したり、海外で暮らしたりしたことがある人なら、、

国歌を歌えないとなれば「日本人は自国に敬意がないな」と言われ、外国人に見下された事がある人も多くいるだろう。

それは至って当たり前で国歌を歌えない母国を厭うものは軽蔑されるは世界では常識だ。 今の日本は非常識極まり無い状態なのだ。

左翼と呼ばれる人は盛んに「自由」を叫び、国旗掲揚や国歌斉唱を義務付けるのは個人の自由に反すると言って反対運動に勤しんでいる。

あまり国歌にも国旗にも愛着を持たずに育った子供たちはそのような意見を聞いた時に無意識に「自由は大事だな。嫌なら歌わなくてもいいかもね」くらいの感覚になるのかもしれない。

しかし、他国の人に「私達の国、日本では国旗が忌み嫌われて、学校でも掲揚しない所があったり、教師でさえ起立を拒む人がいたり、国歌を歌えない大人も多いんですよ〜♪ 自由で良い国でしょー?」と笑顔で言ってみたらよい。

物凄い白い目で、冷めた軽蔑の目で見られる事、間違いないことを断言できる。(いや、そんな恥ずかしいことは絶対にしないで欲しいが。。。)

自分の国を軽んじることは自分自身を軽んじるということと同じ。そんな人間が軽蔑されるのは当然だ。

日教組が行ってきた教育は、日本の子供に対する虐待とも言える。自国の国旗と国歌に愛着を持たない子供の心の中に将来日本を背負って頑張ろうという気持ちが育つわけがない

日本をまともな国に戻したい。

「君が代」をご自身の口で詠んでみて欲しい。こんなにシンプルで美しく宇宙の広さを思わせる平和的な国歌は世界広しといえど、日本だけだ。

他国の国歌はどちらかと言えば軍歌と言った方が良い。兵士を鼓舞するような力強いメロディーで「敵をやっつけろ。自国を守れ」といった戦闘を思わせるものが多い。あとはその国の過剰賛美のようなもの。

どちらにせよ、日本の国歌はかなり特異なものと言える。それは当たり前といえば当たり前で「君が代」の歴史は古今和歌集まで逆のぼる、詠み人知らずの和歌なのだ。他国の国歌とは歴史の古さが違う

日本人にこの美しい歌を歌わせないようにしたり天皇賛美の歌だからだめだなどというのは左翼プロパガンダの一環で、国民がまた一丸となり、日本が強くならないようにするためだ。

世界から軽蔑されないようにしっかり歌えるようにしておこう。

 


Related posts