フェイクニュースに騙されるな

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

2016年のアメリカ大統領選は荒れに荒れた。まさかの不動産王ドナルド・トランプ氏の突然の立候補でアメリカ人もかなりの衝撃を受けたようだ。

トランプは元々、評判の良い男ではなかった。何度も結婚、離婚、再婚を繰り返しながら、不動産王として巨万の富を得て、世界中にトランプタワーなるキラキラ眩しく輝くタワーを建てる。

歯に衣着せぬ物言いなので下品な印象もある。スマートな印象の人に大統領になってほしいと漠然と思っている、そう政治に興味がない大半の人は「大統領にふさわしくない」というのが漠然とした印象だった。

トランプ当選を予測した米主要メディアは皆無だった。批判に次ぐ批判で馬鹿にしていた。当然日本も同じ。日本のメディアは総出でトランプ批判をしていた。批判の理由が彼の移民に対する過激発言が主だった。

しかし、彼が言っていた事は実は過激でも何でもない。

不法移民は入れないし、不法滞在者は一旦、帰っていただく」と。

とても単純なことを言っていただけだ。きちんと法の手続きを踏んで入国手続きをしてくれと。

しかし、メディアはあたかも彼がレイシストで移民は一人も入れないし、今、いる移民も強制送還するというかなり強硬なイメージで彼を印象付けた。

そんな報道を毎日、見ているテレビ漬けの人は当たり前の様にトランプが嫌いになっていった。私の周りでも同じ現象が起こっていた。

大統領選前は色々な人に意見を求められた。私は「クリントンよりはトランプの方が日本にとって良い結果になる」と言っても信じてくれる人はそういなかった。皆「クリントンの虚構の姿」に洗脳されてしまっていた。

トランプはどこでどんな良い演説をしたとしても主流メディアからは叩かれる。当たり前で、メディアそしてそのメディアを支える裏の権力の既得権益をガラガラポンにしようしているのだから。彼らはトランプを引きずり下ろそうと必死に活動する。

同じ権力に牛耳られてきた日本も同じこと。日本人はメディアの情報操作に騙されてはいけない。日本のメディアのトランプ叩きは遺憾だし、それを鵜呑みにする日本人も同じ様に残念だ。

日本のメディアは米国がOkサインを出したものしか流せないが、当の米国メディアもグローバリストに乗っ取られている。トランプがCNN以下の主要メディアを「フェイクニュース」だと糾弾しているのはそれが理由だ。明らかに意図的なイメージ操作で世論誘導をするからだ。

このトランプの孤軍奮闘の姿を見て、メディアの偏向性に気付いた日本人が少しは増えた事を願う。今や主要メディアは利権のプラパガンダ塔に成り下がっている。より多くの日本人がそれに気付き、非難することでまともにさせるか解体させるしかない。

トランプ大統領はアメリカ第一の政策を進めると公言した。彼は「日本は自分で自分の身を守れ」と言う。独立国として当たり前のことなのに、日本人の大多数は国軍を持つ事など夢にも見ていない。戦後の平和教育の弊害が今も続いている。

一歩先が予測できない混沌とした今の世の中で自衛の力を持つことが平和を守るために必要なのだ。

Related posts