性奴隷が月収200万!?

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

大東亜戦争時代の朝鮮人売春婦の給料の記録が韓国のネットで公開されてひと騒ぎになった。

韓国に漢字が読める人がどれだけいるのかは知らないが、私達ははっきり読める。びっくりするような物凄い大金を支払われている。

1992年になって元慰安婦という女性が日本の郵便局に当時、貯金していた金額を払い戻せという裁判を起こした

1943年6月から1945年9月までの12回に渡っての入金総額2万6千145円だ。

これは勿論、当時の価値(当時の千円は現在の約2667千円なり)なので総額を現代の円の価値で換算し直すと何と約4000万円!!

これに加え、当時の慰安婦は、300円から1500円の前払い金をもらい親の借金を返済に当てた。

以下に当時の位による月給を参考に示しておく。それがどれほど高額だったのか以下の表を見れば一目瞭然。余りの高給にドン引きしてしまう程だ。

月給比較 (1943年)
総理大臣800(東条英機
・陸軍大将550円 
・曹長助長32~75円 
・軍曹軍装23~32円 
・伍長、五臓20円 
・兵長兵長135円 
・上等兵上等兵105円 
・一等兵一等兵9円 
・二等兵二等兵9~6

強制連行?性奴隷?今までこの言葉に何となく騙されていた人は目が覚める思いがするだろう。

強制的に奴隷として連行された女性が、売春することで現代の価値で月平均200万円を支払われ、郵便局にきちんと貯金もできていたなんてあり得ないことは世界のどの人に言っても納得するだろう。

これはどう見ても性奴隷でなく売春婦という戦時ビジネスだったことははっきりした。

この訴訟を起こした文玉珠(ムン・オクジュ)は当初は単に貯金していた金が欲しいという金目当ての訴えだったが、弁護士の福島瑞穂が同じく売春婦だった金学順ら同じ様に性奴隷の被害者に仕立てあげるのに利用した。

これが従軍慰安婦問題のそもそもの始まりだったことは随分と明るみに出てきた。
この訴訟をきっかけに彼女は人権派弁護士と聞こえの良い名乗って国会議員にまでなった。

くの日本人がこれにコロッと騙されたわけだ。

朝鮮半島で売春婦を集めていた女衒は朝鮮人だった。

しかし女衒が連れてくる女性は騙されて来る者がいたり、年齢が若すぎたりと人身売買の商品とされていたので日本軍は気を付けるようにと忠告、警告の軍令を出していたのが本来の軍関与の意だった。

それがいつしか、軍関与⇒強制的に連行したと話をすり替えられてしまった。

日本政府はこの記事を政府のHPに掲載し慰安婦は強制的に連行された性奴隷ではなく、戦時ビジネスとして大金を受け取っていた売春婦であった証拠として世界中に広める必要がある。

この真実が拡散されたら、そんな高給出稼ぎ売春婦の像を世界中に建ててきた韓国とそれに加担したアメリカ、ドイツ、カナダ、オーストラリアの愚行の恥ずかしいことが浮き上がる。

これを恐れてか、姑息にも最近は慰安婦像と言わず少女像と言い換え、戦時中の女性の人権問題にすり替えてきている。

日本も早く手を打たないとまた世界の流れに置いていかれる。

15072d4bc5f6bbd2aea0545dd670af8ea4



Related posts