洗国政策:チャイナの外国侵略の仕方

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

チャイナが日本全国の不動産を買い漁っていることを受けて、これは単にビジネスであり、日本人もバブル期にはアメリカの不動産を買っていたと言う人が多い。

また、チャイナとビジネスをすることで日本が潤うとか、チャイナなしでは日本の経済が成立しないという人も多い。

しかし、中国共産党はビジネスではなく明らかに日本を壊しにかかっており、「国策」でやっているということをもっと多くの日本人が知らなければならない。 

中国の国防大学の教授朱 成虎(シュ セイコ) 2008年に言った発言を紹介する。

なるべく他国の人口減らし、自国の人口を多く生き残らせるべきだ。

我々にとって最も敵対する隣国は人口大国のインド、そして日本である。

中国人がもし大量に移民し、例えばロシアと共生することになれば、我が国に核攻撃はできなくなる。そのためには5億人くらいがシベリアに居住するだけでよい。

国防大学の教授がこんな発言をしていることに我々はもっと危機感を持たないといけない。観光客が金を落としてくれるなんて喜んでいたらそのうちに自分の家まで取られているかもしれない。

これをチャイナは洗国政策と言っている。

トランプ政権の発言で最近やっと国際舞台の話題に上ったウイグルや、チベットや満州(もともとは女真族の国だった)も同じことをやられた歴史がある。

それらの地に漢人の男を労働者として大量に送り込むだけでなく、漢人と結婚したら補助金が出るという政策まで出している。

この洗国政策をチャイナは台湾や日本に対して明らかにやっているのだ。

アメリカも被害を受けている。ジャーナリストの河添恵子氏が中国マネーで拡大するアメリカのワーキングプア層(中間労働層)について解説していたことをご紹介する。

米国では民主党が強い地域は中国人所有の不動産が占め、賃貸料が急激に上がり、中間層が耐えきれず地域を出て、貧困層が増える。香港も豪州も英国圏の国は中国マネーでどこも似たような状況で、中国マネーを警戒しないといけない。

この様に耐えきれなくなった人達がチャイナ人が居住している地域を脱出してその周辺地域に住むことをドーナツ化現象という。

チャイナ系が大量に入ってくると地価の高騰だけでなく、雰囲気を嫌がり、住んでいた現地人達は周りのエリアに逃げて行き、ドーナツのように周りをくるっと囲んだ形で居住するからだ。

そしてそのドーナツの穴の部分はチャイナタウン化する。

この現象はアメリカやイギリス圏の国だけでなく日本でもそういう所がどんどん増えている。


Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。

Related posts