ヘイトスピーチ規制で日本人が何も言えなくなる社会に

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

一般アメリカ人はまず大東亜戦争についてそこまで興味がある人が少ない。米国は以後も何度も戦争し敗戦もしているのでかなり過去の話として葬りさられている感じがある。平均的な人でも、、、

世界地図を見せて瞬間に日本を指させる人は少ないし、第二次世界大戦の総括も「ナチス極悪、真珠湾攻撃卑怯、原爆当然くらいで納得してそれでいい感じ。あまり深く考えない人達なんだろう。

第二次世界大戦での罪を全てナチス党に押し付けて過去を断絶することから始めたドイツでは最近、保守系の言論の弾圧が益々、酷くなっている

ある女性は「ホロコーストが実際にあったのか疑わしい」いう発言をしたことだけで、ドイツの法律「ホロコーストを疑うべからず」という罪で監獄に入れられた

彼女は見るからに聡明な女性だが、年齢を知って驚いた。

87歳だという彼女はホロコーストを疑う発言をしたということだけで死ぬまで監獄で過ごすことになった。

恐ろしいことだ。しかし、このニュースを見て、すぐに思ったことがある。

チャイナ・韓国は将来、日本でも南京や慰安婦強制連行の捏造などを口にできない社会に持って行こうと狙っているのではないかということ

日本人の保守的な言動が守られず、レイシストとレッテルを貼られたり、ヘイトスピーチだと糾弾されているような日本の社会が悪化していく様子もその布石に見えて仕方がない。

ところで、敗戦の反省をすることはその過ちを再度、起こさない様にするためにも大事だが、それもろくにせずに、一度の敗戦で日本はいつまで卑下し続けるのか

たった一度の敗戦で、日本の男たちは腰を抜かしてまったくもう。」

これは故西部邁先生のお母様と先生の妻のお母様が戦後、一言違わず口癖のように言っていたという言葉だ。

全く違う所に育ち、出会ったこともなかった二人の女性が同じ文句を言っていたということは、その当時の女性の多くがそのような見解を胸に秘めて、悔しさを噛みしめて生きていたのであろうと西部氏は推察されていた。

戦地に赴き、散っていかれたご先祖は自らの大和民族の誇りを次世代に繋く為に、残された日本人が大和民族の誇りを引き継げるように自分の命と引き換えに潔く戦って下さった。

日本を守る為、家族を守る為と、自分の短い一生に終止符を打つことに葛藤も大いにあったであろうに腹を括って残りの人生を捧げて下さった

その方々の御霊に今の日本の現状を何とお伝えしたら良いのか言葉が見つからない時がある。

 

Related posts