右も左もない真っすぐな日本へ

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

歴史の事実に基づき右も左も関係なく日本の国益に関する発言をすると、今の日本では一般的に右翼だとかネトウヨなどとレッテル貼りされるとても奇妙なことになっている。

これは世界的にみてもとても滑稽な現象で、日本では国家として当たり前である国防、国家安全保障、国旗国歌、国家元首を重要と考え、それを真剣に語る人はかなり右に追いやられる

ネトウヨというこの言葉は誰がいつから使い始めたのか知らないが、想像するに日本が直面する危機に気付き、憂い、どうにか元に戻したいと思う日本人をお花畑日本人や反日思想の人達が、侮蔑する為や意図的に邪魔する為に使い始めた言葉なのだろう。

しかし、いつからか美しい伝統と歴史を持つ日本が大好きで、次世代にもそれを同じ様に繋いでいきたいと思う普通の感覚の人達と反対側の人を「パヨク」と呼ぶ人達が現れ一般的になっていった。日本はすっかり右と左に分断されてしまっている

本来、右も左も政策や意見の違いはあれど、国益を守る、他国からの侵略を阻止するという同じ目標を達成する為に存在するはずなのに、今の日本では国益重視が右で、反日(最近ではこの人達は自分達をリベラルと呼ぶようになった)が左のようなおかしな構造になってしまっている。

これは良くない状況だ。

私は自分を右とか左などと意識していない。パヨク、ネトウヨ、右翼、左翼、自称保守、リベラル、反日と数々のレッテルが存在するが、自分がどのグループに属するかとかあまり考えないで、般日本庶民の幸せや伝統文化保持にとって良いか悪いかの一点で議論していきたいと思っている。

長い海外生活を経る中で得た様々な体験を通して見えてきた日本の伝統文化の独自性宝物のような貴重さをいやというほど感じてきた

そのような国を悠久の時間、延々と紡いで来て下さったご先祖に感謝し、自分もいち日本人として生を受けた以上、次世代に繋いでいく使命を果たしたい。そんな気持ちをもって日々の活動を行っている。

なかなかこの様な話は友達にも言いにくい時がある。私がこのような話をするとやはり「右翼か?!」という目で見られたり「なんか変わったな」とか「すごい熱いな」とかそういう反応が返ってくる。

友人関係がぎくしゃくするのもあまり気持ちの良いものではないので気が引ける時がある。しかし、事あるごとに、機会があれば話題に入れるようにしている話し方にも工夫がいるなと少しずつ学んできた。

皆さんの中にも周りにはなかなか同意してくれない人がいたり、何よりもまず国防に関心がある人を探すことさえままならない状況にイライラしている人も多いのではないかと察する。しかし諦めずに探して欲しい諦めずに話て欲しい。そうすると少しづつでも話に耳を傾けてくれる人が増えていくだろう。

日本を守るのはやはり我々、庶民の一人一人の強い意志と団結力しかないと思っている。そこをあちら側は崩そうと総力戦で攻めてくる。メディアを支配されているので、今までは我々は劣勢を強いられてきた。

これからは違う。ネットがある。情報はいくらでもある。

もちろん、真実か否かを見極める洞察力も更に要求されている時代でもある。しかしそのネットで真実を知る若者が増えてきた日本人に脈々と受け継がれてきた大和魂がうずいてきた人が増えてきた

あきらめずに頑張ろう。我々のご先祖があきらめずに最後まで闘って守ってくれた日本を守ることができるのは、守らなければならないのは我々だ。

とにかく私の発言が真ん中を堂々と闊歩できる日本になることを願ってやまない



Related posts