反捕鯨団体にくさびを:BEHIND THE COVE “ビハインド ザ コーブ”

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

平昌オリンピックでの日本人選手の金メダル獲得の嬉しいニュースで埋もれてしまっていたが、日本にとってもう一つ嬉しいニュースが海外から舞い込んできた。

八木景子さんという日本人女性監督がデビュー作「ビハインド・ ザ コーブ 捕鯨問題の謎に迫る」というドキュメンタリー映画を2015年に製作したが、その映画が2月17日に反捕鯨国のイギリスで開催されたロンドン・フィルムメーカー国際映画祭で長編ドキュメンタリー最優秀監督賞を受賞したという。

Image result for behind the cove

この映画は「ザ・コーブ」という映画のカウンター映画として制作された。

このThe Coveは2009年にアメリカで公開された。

和歌山県の太地町で行われるイルカの追い込み漁を描いた映画で、2009年にはデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した。

 

私も9年前に見たが、その時は不快感しか覚えなかった。

しかし、その当時はあの映画が反日プロパガンダのために作成されたことも、反日団体なるものが世界中に組織的にあることなども知らなかったから、ただあのような映画が世界に拡散され、日本に対して間違った悪い印象を持ってしまうアメリカ人が増えるのではという不安を抱くことしかできなかった。

アカデミー賞まで受賞して話題になったにし、こちらのレンタルビデオ屋では何故か無料貸し出しの棚に置かれてあったので周りのアメリカ人でも見たことがある人が結構いた。

その映画の話が出た時に、「あれは作られた反日映画である」ということを日本人として論で対抗できなかった事に今ではとても悔しい気持ちになる。

今ならあの映画を作った背後にある反日団体の名前もその人達がどのような人物であるかも知っているからだ。

捕鯨問題にしても世界では日本以外に行っている国もたくさんあることも、そもそも捕鯨問題すら実は日本叩きをするための架空の問題であることも今では知っているからだ。

そもそも日本人でも聞いたこともないような、日本の中でもとても小さな漁師町である太地町のことなど、どこかとネットワークがないとアメリカ人が知る由もないだろうし、その様な地域であのような大掛かりな映画を作る事などできるわけがない。

あの小さな町を舞台にイルカ漁反対運動をする為に居座っている外国人とそれに協力している日本人は反日団体の潤沢な資金を受けているのだ。

この人達は本当に動物愛護の気持ちで活動しているわけではない。

関わりがあるシーシェパードはアメリカ、日本両国からエコテロリストと呼ばれている反捕鯨団体だ。この人達はイルカのことなんて本当はどうでも良い。

日本人は彼らの言う「動物保護」なんて軽い言葉に騙されてはいけない。

そもそも乱獲の限りを尽くした捕鯨のやり方で、世界のクジラを絶滅の危機にまで追い込んだ西欧諸国の人達に我々日本人が伝統的にしかも自然のバランスを考えながらとても謙虚に行ってきたクジラ漁についてとやかく言われる筋合いがあるのか。

実際、現在ではクジラが増えすぎて海の生態系に問題が起こっていることが指摘されている。

クジラは物凄い量の他の魚を食糧とするわけだから、クジラが増えすぎると人間が食べる魚も減ることは誰でも分かる。

「ザ・コーブ」は当初から色々と制作の仕方で(嘘情報を意図的に使う)問題が指摘されていたが、八木景子さんが数か月に及ぶ地元の皆さんとの生活の中でしっかりと行った現地調査に基づくカウンタードキュメンタリー映画を作ったことで「ザ・コーブ」の欺瞞を暴いて下さり感謝している。

そしてその映画がロンドンの国際映画祭で最優秀賞を受賞したことは9年前に悔しい気持ちをうまく現地人に表せなかったいち日本人としてとても嬉しいニュースだった。

日本や海外各地でも上映をしているようだが、劇場に足を運べない人はDVDを見て、捕鯨の現実を知って堂々と反論できるようになって欲しい。

↓↓↓



【TSUTAYA online】

Related posts