GO FOR BROKE!! 当たって砕けろ:大和魂を見せつけた442連隊

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

 

143082633365264929177_2013051000113280d第二次世界大戦当時、日系人のみで形成されたアメリカ軍の部隊はご存知だろうか。その連隊の名は442連隊

この連隊は当時、アメリカで二世として暮らしていた日系人の志願兵部隊として形成された。

この中には有名やダニエル イノウエ氏(アジア人初の上院議員)やサダオ ムネノリ氏(戦死後、最高の議会名誉勲章を授与)がおられた。

彼らのモットーはGO FOR BROKE !(当たって砕けろ!)

米国史上最多の勲章や賞を授与した上(その数はなんと1万8千近くにのぼる)に、オバマ前大統領から連隊として最高の栄誉賞(議会名誉黄金勲章)を与えられているという「アメリカの戦史上、最強の陸軍部隊」とアメリカから讃えられる連隊だ。

訓練でも極めて優秀なことを証明した442連隊は、激化を極める欧州戦線(更に厳しい山岳地帯などの土地)に派遣されて、白人系アメリカ人で形成されたどの部隊よりも輝かしい功績を上げた。

アメリカの戦史でも語り継がれる陸軍10大戦闘に数えられる「テキサス大隊救出戦」(1944年10月)ではドイツ軍に包囲されて”失われた大隊”と言われた程、救出は不可能とされたテキサス大隊211名の白人系アメリカ人を救出するのに、442連隊からなんと死傷者800人以上も出ている。

しかし、このような激戦での救出成功の大成果を挙げた後でも、助けた白人兵から「ジャップじゃないか」と吐き捨てられた人がいたという。

アメリカ白人兵を救出する決死の壮絶な戦いで戦友を何百名も真横で失った悲しみの後に、感謝の言葉でなく、吐き捨てるように言われたこの言葉がどれだけ442連隊の兵士達の心に刺さったかは想像に余りある。

また、ナチスドイツの攻撃で激化を極める欧州戦線と戦うため、1943年にイタリア、19449月にはフランスへ派遣されナチスドイツ軍と激戦を繰り広げた彼ら。なかなか奪還できないブリュイエールをドイツ軍から奪還した部隊の活躍を記念し、その活躍を讃え「442連隊通り」という名称までつけられた。

再度いうが、この連隊は日系人、つまり日本人の志願兵のみで形成されていた。

たくさんの日系人がアメリカ軍入りを志願をしたという背景には、アメリカ国内で始まった排日運動日本人の土地を含めた全財産没収や強制収容所送り)への反発もあった。

明らかな日本人差別の中、「我々はアメリカ人である」という忠誠の誓いをアメリカに見せるという意義があったという。

戦闘では、常に激化を極める最悪の地へ送られたことを考えると、また当時の黄色人種への人種差別があからさまであったアメリカの状況を考えると完全に捨て駒の扱いであったと推察できる。

しかし訓練でとても優秀であることをアメリカ側も見ているので、ある程度の戦果をあげることは期待しての派遣だっただろう。

この精鋭連隊は、祖国日本とアメリカが思わぬことで敵国になってしまった葛藤とも見事に戦い、日本人としての誇りを持ちながらも、アメリカ人としてアメリカに貢献するという立派な武士道を見せつけ輝かしい戦果を上げた

この裏には東条英機首相自身の日本人魂、武士道魂を垣間見られる秘話もあった。

日米開戦時、東条はアメリカの日本人学校に通う日系人に手紙を送っている。

日系二世はアメリカ人である。だからあくまでも自国(アメリカ)に忠誠を尽くして当然である」と。

祖国日本と今の祖国アメリカの中で揺れ動き、葛藤に苦しむ日系人の若者の中でどれだけの者がこの東条の言葉に心が救われたかは、日系人ではないが「アメリカ在住日本人」として様々な経験をしたり、思考したりする私にも察するに余るものがある。

以下はどちらも素晴らしい映像なのでぜひご覧になって欲しい。

邦画の方はドキュメンタリー映画で戦後のインタビューもたくさんある。改めてその壮絶な戦いぶりと彼らに流れる日本人としての武士道精神に尊敬の念を抱かずにはおれない。

二つめはアメリカ側が作成した映画。軍隊の中でも彼らが受けた人種差別の様子なども淡々と描かれているし、苦しい戦場でも見せる明るい笑顔や会話の様子も描かれていて面白かった。

さて、2017年にハワイのホノルル空港がダニエル イノウエ国際空港という名称に変更になったが、この名称の元になった方が先に言及したダニエル イノウエ氏

この方こそ、この442連隊の中の部隊で日系人としてアメリカの為に闘い、日系人で初めて上下両院議員になった偉大なお方だ。

議員宣誓で右手を挙げるように言われたイノウエ氏は

右手はありません。米軍として戦った戦場に置いてきました

と堂々と発言し拍手喝采を受けている。

このダニエル氏の母も息子を送る時に以下のような言葉を残している。

「イノウエ家はアメリカから大きな恩恵を受けている。今こそお返しをする時である。お前は母親にとっても私にとっても大事な長男だ。しかし、しなければならないことはすべきである。たとえそれが死を意味しても。。イノウエ家の家名に泥を塗るようなことはするな。」

アメリカに渡った日本人のご先祖は過酷な有色人種に対する人種差別(最後には排日移民法)にも耐えながらも、それに伴う自身のアイデンティティという心の葛藤と闘った。

アメリカに忠誠を誓うことで「日本人として恥ずかしくないよう」に日系アメリカ人として戦う決意をされ素晴らしい精神力とチームワークでもって、大日本帝国軍と同じようにその強さを見せつけている

どこに住もうが、国籍上は何人であろうが、日本人の強靭な精神と大和魂しっかり受け継がれていたという誇らしげな話だ。

私はこの話を学校教育で一度も教えてもらっていない。

大人になるまで知らなかったことに憤りさえ覚える。

このような話こそ日本民族の歴史として子孫に語り継いでいくべき話だと思う。

ise20170220

daniel_inouye2c_official_senate_photo_portrait2c_2008

 

こちらの記事もおすすめ♪