なぜ嫌韓感情が生まれたのか:日本人がレイシスト?!馬鹿をいうな

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

韓国だから嫌いなんじゃないんだよ。根性が卑しい奴が嫌いなだけ

日本人は他国の様にもともと人種差別はしない民族。その民族の中で嫌韓などという言葉が生まれ、その様な感情を共有できる社会になっているというのは、日本人が「差別主義者」であるからなのか。

違うと思う。

嫌韓になるということは、、

韓国のいつまで経っても止まらない嫌日行動や言動の卑しさに始めは見て見ぬふりをしていたけれどその度が過ぎて来たということの現れだ。

そもそも国が主導で嫌がらせばかりしてくる人達を、我々は「それでも好きだ」と思わないといけないのか。それは日本人に余りに無理を強いている。

日本人でも卑しい事ばかりする人が「同じ日本人なんだから好きになれ」と言われても無理なのと同じ道理だ

昔は「在日差別はいけない事だと普通に漠然と思っていた。年月が経ち、その裏側を知れば知るほど、彼らのどこがどう差別されているのかとわけがわからなくなった。

遂には原住民の日本人の方が差別されていることに気付いて怒りを持った。

もう嘘には騙されない。

民族差別撤廃を世界初で国際連盟に訴え西欧勢力から疎まれたご先祖様。世界から孤立させられ遂には植民地にされそうな時に真っ向から戦った結果、西欧に蹂躙されたアジア地域は開放され独立に至った。

そんな国が民族差別をするわけがないだろ

日本人はえげつない奴やずるい奴が肌に合わないだけだ。

欧米が自らがやっていた人種差別奴隷貿易の蛮行の罪償いをするかの如く少数の人権やら人種・宗教差別をしない主張をしているが、鎖国で国を閉ざしておりそんな事とはほぼ無縁の歴史を歩んでいた日本が同じように歩調を合わそうとするのは滑稽に見える。

日本は独自文化を守る為には排他的くらいの方が良い。

     日本人は差別しない民族

その人柄の甘い所をうまく利用しようして被害者ビジネスを思いついたのだろう。(所詮、これも欧米の真似ごと)

これが想像以上にうまくいった利権絡みの人が増産された今、それを明るみに出されて必死に利権を守ろうとしている人が湧いてきたと言う所だろう。

アンミカの件で改めて湧いて来た単純な疑問だけれど、密入国してきた人やその子孫達、不法滞在している人や永住資格があっても選挙権がない外国人が、我々の国の国政にああだこうだと文句を言ったり口出しするのをテレビでもメディアでも当たり前のように許す社会や国家はおかしいよね。おかしいよな。。

    「日本は日本人の国です

 

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』


Related posts