南京大虐殺プロパガンダを鵜呑みにするな

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

日本でも「南京大虐殺はあったんでしょ」という何となくの空気がまだ蔓延しているのは承知だ。

蒋介石率いる国民党との闘いにおいて、南京市の攻略の際に戦闘があったのだから一人も死んでいないわけはない。

当時、約20万人程度いたという市内で、国際法違反であった便衣兵(民間人のふりをした軍人)が紛れ込んでいたため射殺を余儀なくされたという事実もある。(便衣兵はスパイ同様なので殺されても民間人の扱いは受けない)

しかし、、

現在のチャイナ共産党が言っているのは

「南京で日本軍が入門からわずか六週間で民間人を三十万人以上虐殺しただ。

まあよくも、こんな大胆な嘘ついたもんだなという数の膨れ上がりようだ。。

虐殺どころか日本軍が平定し安全になった南京市に続々と逃亡していた者が戻って来たり、違う都市から生活の安定を求めてやって来た者によって、日本軍が南京市に入る前の月と比べ、その翌月は人口増えているという記録も残っているというのに。そういう史実はおかまいなしだ。

何よりもまず、数がどうのこうのという前にこれはプロパガンダなのだという認識を日本人が全員が持つところから始めないといけない。

向こうは「日本が悪かった」で思考停止することを狙っている。そうすれば反証しようと資料を探す努力もしないだろうし、何だかよく分からないまま謝り続けるという最悪の状態が続くからだ。

歴史的に民間人の虐殺の繰り返しの歴史の中で生きてきた欧米人がこういう話をチャイナ人から聞いた時に有り得るかなと信じるのは千歩譲ってまだ許すとして、日本人が鵜呑みにしたらいけない!

何より南京攻略戦は国民党軍との戦闘であったのに、いつの間にか日本軍が攻略したその後の6週間にわたって毎日、南京市民を喜んで30万人も殺していったという共産党のプロパガンダにすり替わっている。

この理不尽さと恐ろしさ。

それが潤沢な資金をもらって活動する多数の力強いチャイナのロビイストとの甲斐もありアメリカの教科書の記述まで書き換えられ、教えて続けられている。

(アメリカの高校での授業内容は以下参照→ https://yamatogokorous.com/educationus/

これからも毎年、アメリカ全州の各地でこの様な恐ろしい捏造の大虐殺がナチスのユダヤ人大虐殺と並列した印象で、史実のごとくアメリカの高校生の頭に刷り込まれていくと思うといたたまれない気持ちになる。

これに対し、日本政府は毅然と対応したことがない。

それどころか、チャイナに建てられた南京大虐殺記念館」に金を出したのが日本だというのだから、理不尽を通り越して怒りが湧く

日本の政治がおかしな方向に向いているのは確かだ。

このままでは赤い国の戦略が着々と進み、日本人がぼけーっとしている間に日本が飲み込まれる未来が近い。

南京大虐殺なんて無かった!」と後ろめたさ無く、曇りなき心ではっきり断言できるほど理論武装した日本人を増やさなければならない。


30万は言い過ぎかも。でも100人でも大虐殺と人によれば解釈できる

という酷い言論をテレビでもネットでも見たことがある。

我々はああ言えばこう言う輩と闘っている。

立ち上がるのを迷っている暇は我々にはもうない。



Related posts