「天皇制打倒!」:平和集会での恐ろしい反日スピーチの実態

反日左翼集会でされたという恐ろしいスピーチ内容を耳にした。 「安倍政権をまず倒す。しかし、そこが最終目標でない。日本を移民でたくさんにして多民族国家を作る。そうすれば日本人の天皇が全ての外国人の象徴になれなくなる。その時、天皇制を廃止に追い込む。」 この話をする前にまず、、

Read More

男系皇統の意義:なぜ左翼は女性宮家創設を訴えるのか

日本国民は代々続いてきた男系皇統の意義を理解して、活動家に騙されないように日本における皇室を今一度、見つめ直さなければならない。ひいては、奴らの活動を阻止せねばならない。 これは日本国民全員の未来がかかった最重要事項だ。 遺伝子学が解明されていなかった大昔から男系でこだわったのは何故かと考えてみれば、平和に日本を治めようとする先人の意思が色々と見えてくる。

Read More

世界の文化遺産としての皇室:破壊したいのは誰だ?

神聖で世界最長の万世一系の伝統を壊そうと必死に画策しているのが反日勢力だ。 日本の国際的地位を貶める為に、世界的文化遺産価値がある日本の万世一系の皇統をどうしても廃絶したいのが狙いだ。 女性宮家、女性天皇、女系天皇とこれだけ「女」を連呼した上、国連にわざわざ出向き「皇室は男尊女卑」であるから勧告してくれとお願いに行っている。

Read More

女性宮家創設に反対した三人の女性議員達:旧宮家の復帰はなぜ議論されない?

2017年の夏に突然、玉音放送で発せられた今上陛下の御譲位のお言葉の後の国会で、女性宮家創設に反対したのは、中山恭子議員と松澤議員の二人のみだったそうだ。 また、女性宮家の付帯決議を組み入れるかどうかをいよいよ起立で示す多数決で決定する時に、一人、座り続けて反対表明したのは有村治子議員のみだった。

Read More

二重国籍:日本とアメリカの国籍法の違い

海外に住むある韓国人の方から私のツイートに関して苦情が来た。 そのツイートは在日外国人の犯罪の多さや日本国内での反日、反政府活動やデモについてのものだった。 日本と米国の国籍法の違いが公平でないから、日本で在日は差別されており、日本が在日に関して優遇措置(二重国籍を認める)をすべきだというのが概ね彼の主張だった。 それに対し、私が彼に言ったことは以下の三つだった。

Read More

旧宮家はいずこへ?

すっかり知らされない事実になりつつあるが、戦前の日本には宮家が11家あった。 宮家とは長い長い歴史の中で幾度とあった父系継承の危機に備えるために(そこから養子をとったりできる)存在してきた日本人の知恵だった。 しかし、敗戦後にやってきた占領軍のGHQにその地位を剥奪され、宮家制度が破壊された。

Read More

世界最古の国という認識

2678年という世界に類をみない万世一系の長い皇統史で、危機回避の目的で数名の女性天皇は繋ぎの役割で存在した。 しかし、これはあくまで「父系継承を守る」という大義目的のある存在なので、女性天皇は若い女性であってもその座についている間は婚姻が許されない。(その座から離れても一生独身を貫く場合が多い)

Read More

日本の国體破壊を企む反日左翼:万世一系の皇室の意義

万世一系つまり父系継承のみでここまで長く続いている国は世界で唯一日本のみ。 他国を凌ぐ脅威の長さだ。 世界の権力者も天皇陛下の威厳を十分に承知している。 これが「日本の首相、政治家がどれだけ馬鹿と嘲笑されても、経済が低迷しても日本の地位が転げ落ちない要因だ」ということを当の日本人の理解が薄いように感じる。

Read More

日本の国體を破壊しようとする勢力:女性宮家は本当に必要なのか?

外国人がどれだけ日本を愛してくれていても、皇室の問題は日本人の問題だ。 世界の殆どの諸外国が「今日から建国です」と人為的に数十年前に決めた国である中、気が遠くなるほど長い悠久の年月を経て今も続く世界唯一の日本の國體(こくたい)だから。

Read More