中国人の土地の買い占め:外国人相手の大金儲け

自民党参議院議員の山田宏先生はチャイナの北海道の土地買い占め問題をずっと問題視されてきた方の一人だ。彼によるとチャイナ北海道省自治区の完成間近のような危機感を覚えるという。 日本政府は一体、国土を何だと思っているのか。都市のビル一つでも反日勢力が買うとなれば規制すべきことなのに、山、森、湿原や水源地などの広大な土地を購入されまくっている。更には、、、

Read More

移民の大量流入:日本の中で治外法権になる都市

世界のあちこちで表面化してきている移民問題は詰まるところ「あちらさんはあちらさん、こちらはこちらのやり方で」を尊重しない。一方のやり方ばかりに重きを置き、優遇されたりするから起こっている。 線引きができない状態で異民族が大量に高速に入れ混じると問題になるのは当たり前。 特に敵性国家移民とは水と油の関係だ。もともと混ざりにくいものを混ぜようとしているのだからお花畑日本人が想像するようにそう簡単に平和に共存とはいかない。 大量移民の大きな問題の一つは、、、

Read More

移民国家アメリカのルール社会:日本も息詰まる社会に

お隣の大陸で代々、政権を奪取してきた者というのは、謀略によく長けて生き馬の目を抜く生存競争に勝ち抜き、生き残ってきた者達のことをいう。 日本の様に、誰が政権を取ろうが常に民を大御宝として大事に思い、民の安寧と平和を祈祷して下さる天皇が頂点にある体系が125代(2669年)続いてきた、我々日本人には到底想像もつかない半端ない弱肉強食世界なのだ。 そんな歴史も文化も何もかも異にする国から大量にそして高速に移民が来ると、、

Read More

世界で高まる領土意識:日本はいずこへ?

世界中で巻き起こる移民反対の渦の中、EUでも次々と国の扉を閉じていく流れの中で、「世界で唯一移民への門戸を開く国、日本」としてこちらの新聞に”一面”で大きく記事が出ていた。 移民政策に反対する極右政党の代表として日本第一党が取り上げられ、レイシストと呼ばれている事も併記されていた。 日本の政策について一面全てを割いての記事というのは殆どないので、日本の移民政策はアメリカからもこれだけ注目されていることなんだなと再認識した。 さて、アメリカのリベラルが殊更取り上げるトランプ大統領の「メキシコの壁」発言だが。。

Read More

移民政策の末路:日本人が少数民族になる未来

  “私やフォロワーさんは移民政策がもたらす結果の予想がついており大反対で、もう脱力感さえある   んだけど、実際、皆さんの周りの多くの日本人はどうなの? 危機感さえ湧かない人にはどう伝えたらいいんだろう。 これ国民総一揆してもいい位の重大事だと思うんだけど。” 政府がもう隠さないで、移民政策と言える永住資格の簡素化を謳い出したニュースを見てがっくり肩を落とした状態で上のようなツイートをしたら、以下のような返信をいただいた。

Read More

センター試験:入試制度の不公平はなぜバッシングしない?

医学部の大学受験における不公平さが物凄い勢いでメディアに大バッシングされていたことをご記憶の人も多いだろう。医学部関係者の子息にげたを履かせたり、男子学生を優先して取るというものだった。 しかし、センター試験をハングルや中国語で受験できるという優遇措置については、大手メディアが日本人受験生に差別的だとバッシングしているのを見たことも聞いたこともない。

Read More

外国人留学生:目を疑うような優遇

宮崎県のえびの市にある私立高校は全校生徒の9割が中国人だという驚愕の事実をご存知だろうか。 入学式では校長は流暢な中国語であいさつをするのみならず、入学式で中国の国歌を生徒が歌うことまでしているという。 そこには日本人もいるらしいが、全校生徒の16人しかおらず、その中でも東南アジア系とのハーフの日本人がいるということなので、もしかしたら純粋な日本人生徒はいないのかもしれない。

Read More

メディアプロパガンダ情報戦に勝ったアメリカ庶民

「トランプ 対 女クリントン」の米国大統領戦で見たのは、小さな庶民の怒りは大きなウネリとなり大国をも動かすという事実だった。 多くのアメリカ人は、全ての米主流メディアのプロパガンダ世論誘導の連日の報道に反してトランプに投票した。 クリントンはグローバリストが味方についている。

Read More

移民政策の成れの果ては天国か地獄か

私の町でも昨今チャイナ人を見かけることが急に多くなり何故だろう?と思い調べてみると市長が北京に何度も招かれていたことが分かった。なぜ招かれたのか? 更に調べると、この辺りの未開発の更地に大規模なホテルの様な施設を建てる計画があるのだが、それがどうやらチャイナ指導されるようだ。その契約を結ばせるために接待外交だったようだ。

Read More

テレビの過度な日本上げの裏に隠された意図とは?

最近多い『日本がとても素晴らしい』コンセプトのテレビ番組は、日本人の我々が見ると気持ちが良いものだ。 しかし、テレビは反日活動を行うお隣とそのお隣の様子を隠す隠れ蓑にしたい意図があるように見えてならない。 「とりあえず日本人を喜ばせておけ」的なメディアの意図が背後にありそうで、手放しに喜んでおられない。

Read More