移民政策:日本人が肩身の狭い国へ

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

昨今の移民に対する日本政府の対応には苛立ちを覚える。

何故、こんなにも外国人のご機嫌とりばかりしないといけないのか。

日本国民ばかりが肩身の狭い思いをしなければならない国になって行っているように思えてならない。

例えば、帰化する資格があっても申請しない外国人が、本来は理由があって「困窮する日本国民」のためにある制度の生活保護を受給できるのは法律違反であり、どう考えてもおかしい。

そんなの私が「アメリカ国民になる資格を保有しているんだからアメリカ市民みたいなんだろう。参政権くれ!」と主張し、実際、投票権をもらうようなもの。絶対ありえない。

ネットでは在日外国人が「日本で働いて税金も日本人と同じように払っているんだから年金くれ」という意見を見た。

私はアメリカで生活する為にアメリカのものを買って消費税も納めているし、そのほかのあらゆる税金を納めているが、だから年金未納で年金貰おうなんて思いもしない。

またある韓国人は「(韓国は)戦争中に日本に被害を受けたから金をくれ」と言っている。

私はアメリカの過去の蛮行から私の生活の一生の面倒を見ろなど口が裂けても言わない。

そんなことを平気でいう在日外国人に対して嫌悪感を表明するのがなぜヘイトになるのか?

在日外国人は日本人に何を言っても罰されないのに、日本人は入って来る外国人のご機嫌取りをし、少しでも向こうが傷つく(と主張する)ことを言えば「ヘイトスピーチ」認定されるという。

こんな理不尽な法律が可決されたなんて目を疑った。

勿論、罵詈雑言はいけない。それは品位に欠けるということのみならず、向こう側に攻撃する隙を与えるからだ。

おかしなことをおかしいと言うのはヘイトスピーチではない。

しかし、このまま行けば、正しい歴史を伝えることも、理不尽なことを理不尽だと訴えることも、それが在日外国人にとって聞きたくないこと、都合が悪いことならば「ヘイトスピーチ」であると攻撃される可能性が出てくる。

多くの日本人が気付かないうちに、日本人が居心地が良い場所が空間的にも言論空間的にも少なくなっている。


Related posts