ICAN事務局長の意味不明論理:日本は’核兵器禁止条約に参加すべき

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

ICANとか何とかいうノーベル平和賞をもらった自称平和団体のフィン事務局長がわざわざ来日して広島や長崎に行き、おごり高ぶったスピーチをして帰って行った。

唯一の戦争被爆国である日本は、核兵器禁止条約に参加する道義的責任がある

は???何を言っているの?

どうしても、こういう白人は妙に腹が立つ。

なぜ被害者が何もかも放棄する義務があると言えるのか。無茶苦茶な論理だ。

被害者であるからこそより強く自分を守ろうとする権利があり「唯一の被爆国である日本が唯一核を保有できる」ならまだ分かるが。

この女性に言わせれば日本は唯一の被爆国だから(まずこの認識も間違っているが。。チャイナ共産党により何百発も核実験場にされているウイグルも被爆国と言える)、被害者として、もう二度と核兵器を使用しないという条約に参加しなければならないと。。

いやいや、その条約に参加すべき国はまずアメリカが筆頭であるべきだろうが。

こんなに上から目線で恫喝まがいのことをしてくる自称平和団体の局長への怒りが収まらず、更に白人系アメリカ人にも意見を聞いてみた。私の意見に頷き、もしくは、、と追加された意見が以下だ。

核兵器禁止条約に参加するか否かを問われるのは世界の中で日本が最後であるべき

こちらの方が全くもって理にかなっていると思う。普通のアメリカ人でもこの認識だ。

ICAN は平和団体の仮面を被った、日本の弱体化を画策する反日団体。周りに知らない人がいたらきちんと教えてあげましょう。

このブログでも紹介しているが(そしてこれからも紹介していく)、実はこの様な自称平和団体は日本にたくさん存在し、それらは大抵、海外の同じような団体とネットワークを組みながら反日活動に日々勤しんでいる。

我々も負けていられない。ネットワークを一緒に作って行きましょう。



国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

こちらの記事もおすすめ♪